お金を借りる

 

お金を借りる方法|キャッシングが手軽で便利

毎日の生活の中で、お金を借りなければならなくなったという経験は誰もがあると思います。
少しのお金なら身内や友人から、マイホームの購入にはマイホームローンというのが一般的ですが、キャッシングでお金を借りるのもひとつの方法です。

 

キャッシングは、わずらわしい手続きや保証人も必要なく、借入金額によっては運転免許証や健康保険証があれば、すぐにお金が借りられます。
また、一度契約をするだけで、融資限度額の範囲内であれば、いつでも借入ができるという便利なシステムです。

 

これからお金の借入を考えておられるのなら、キャッシングを検討してみてはいかがでしょうか。

 

キャッシングは誰にも迷惑をかけることが無い

銀行のおまとめローンや公的機関で金融商品を契約する時は、多くの書類を作成し、場合によっては担保や保証人を要求されます。
融資を申込んでも審査が厳しく、条件に当てはまらなければ融資はしてもらえません。

 

その上、銀行の目的ローンは、様々な諸費用が必要で、その額も借入希望額の数十%もの費用が余分に必要になります。

 

キャッシングはそういったことが一切なく、申込者の信用度だけで借りられるので、誰かに頭を下げて保証人になってもらう必要もありませんし、担保の提出出もありません。
申込時に必要になる書類は、基本的には本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)が用意できればそれだけで申込ができます。

 

申込条件もいたって簡単で、安定した収入があり、満年齢20歳以上60歳〜69歳までの方なら、正社員だけでなくパートやアルバイトの方でも申込ができます
それにキャッシングは、給料をもらって普通の生活が出来ていれば審査に通らないという事もありません。

 

また、今日明日中にお金を用意しなければならないという場合でも、申込時間にもよりますが、決められた時間までに契約が終われば、その日の内にお金を振り込んでもらったり、カードを使ってATMからお金が引き出せたりするようになります。

 

キャッシングはどれくらいまで借りられる?

「キャッシングを申込めば、どれくらいまで貸してもらえるのか」というのが気になりますが、借りられる限度額は審査によって変わってきますし、申込んだからといって必ず借りられるものでもありません
消費者金融で借りる場合の融資限度額は、総量規制で年収の3分の1以内と決まっているので、多くても年収の3分の1を越えることはありません。

 

申込者が返済できるかどうかということを見るために、いくら年収が多くても、初回借入時は50万円以内の場合が一般的です。
銀行カードローンの場合は、総量規制の対象にならないので年収制限による融資限度額はなく、審査さえ通れば年収に関係なく融資を受けることも可能です。

 

目的によって申込先をさがす

キャッシングは消費者金融やクレジット会社、銀行カードローンなどで申込ができますが、どういう目的でお金を借りたいのかを決めることがポイントになります。
たとえば、今日明日にでもお金を用意しなければならない時は、即日融資が可能な大手消費者金融がおすすめです。

 

大手消費者金融なら審査が短時間で終了しますので、申込の時間帯によっては申込をしたその日にお金が借りられます

 

また、お金を借りるならできるだけ金利を少なく借りたいと考えますが、そんな場合は銀行カードローンがおすすめで、大手銀行や都市銀行、信用金庫など多くの銀行から選べるので、今すぐに必要ではないけれど、いずれ借りる時が来るという場合は時間をかけてでも金利の低いところを捜すのがおすすめです。

 

クレジット会社のカードローン

キャッシングの申込は消費者金融か、銀行カードローンだけと思われがちですが、最近はクレジット会社でもカードローンの申込ができます。
クレジットカードはキャッシングとクレジットの両方で利用できる便利なカードですが、それ以外にもカードローンを扱っており、なかにはと銀行カードローンの中間程度の安さの金利で利用できるカードローンもあります。

 

たとえば、オリックスVIPローンカードなら金利3,0%〜16,8%、融資限度額は最大で800万円まで、三井住友カードゴールドローンは金利が4,5%〜9,8%、融資限度額は最大で500万円、セゾンの「マネーカードゴールド」は金利6,47%融資限度額300万円のコースと、金利8,48%、融資限度額200万円までがあり、金利面を比較すると、銀行カードローンに引けを取らないカードローンもあります。

 

以前はテレビCMなどで流れていた「キャッシングのご利用は計画的に」というキャッチコピーがありました。
まさにこのCM通りで、キャッシングでお金を借りる時は、収入と支出のバランスを考えることが最も重要で、自分の収入がいくらで、キャッシング以外に毎月どれくらいの返済があるのかを把握して、キャッシングの返済が増えても返済が続けられるかを検討することが肝心です。

 

そのためにも借入を申込前に「返済シミュレーション」などを利用し、現在自分の収入や現在毎月返済にどれくらいあるのかを算出し、どれくらいまでなら無理なく返済が続けられるかという限界を何度でも納得するまで試してみましょう。

 

そうすることによって、毎日の生活に役立つ便利なツールとなり、毎日の生活に潤いを与えてくれるはずです。